ホーム > 

ブログ

2016 - 04 05

Mac OS Xが15歳の誕生日を迎えました

AppleがMac OS Xをリリースしてから、もう15年になりました。2016年3月24日、Mac OSは15歳の誕生日を迎えました。Mac OS Xの発売日は15年前の2001年3月24日で、その時は129ドルで販売されました。

 

Mac OS X 15歳

 

リリース当時、Appleはこう述べました:「Mac OS Xは世界中一番先進的なオペレーティングシステム、Unixのパフォーマンスと開放性とMacintoshコンピュータの使いやすさと大量なアプリケーションを組み合わせたものです。」

 

当時Appleの発表によると、Mac OS Xには350種以上の互換性のあるアプリケーションがあって、二万種類以上のアプリケーションも開発されていました。

 

Ars Technicaの編集者John Siracusaは当時こんな評価を書きました。「Mac OS Xは熱心のMacユーザーに待望されているシステムと言ってもまだ足りません。過去15年間で、Appleはずっと古いMac OSの続作を開発するために励んでいます。」

 

Mac OS X 誕生日

 

2012年、Mac OS Xの「Mountain Lion」システムがリリースされる時、Appleは「Mac」という言葉を除去し、システムを直接OS Xと呼ぶことになりました。1984年のMacintoshコンピュータに搭載したMac OSと比べると、2001年のシステムは大きに変更されました。

 

この数年の時間では、OS Xには多いの機能が追加されました。例えばCD書き込み、iChat、Xcode、Image Capture、Dashboardウィジェット、Spotlight、Mac App Store、AirDrop、Time MachineやContinuityなどなど。Appleはユーザインタフェースを多くの面で最適化しましたが、OS Xのクラシックデザイン、例えばファインダーやドックなどを変更しませんでした。この変わらなさもその後、Appleは新たな市場に入って、iPod、iPhone、iPadとApple Watchをリリースする時、これらのデザインの基盤となりました。

 

Mac OS X iOSの基盤

 

Mac OS Xがリリースさればかりの時代では、Windowsは市場のリーダーで、Appleはこの困難を乗り越えようとしていました。その後の数年間、OS Xは徐々に人気を集め、未だにWindowsには及ばないが、今の米国では、どのコーヒー屋やオフィスに入っても、OS Xシステムを実行しているMacコンピュータが見られます。

 

同時に、OS X用のアプリケーションを開発する開発者もだんだん増えています。2011年末、すなわちMac OS Xの「ライオン」システムがリリースした後、MacのApp Storeでのアプリケーションの合計数が50万を超えました。

 

Mac OS X 最新バージョン

 

現在、OS X「El Capitan」はMac OS X第一世代の強力バージョンに見えますが、Windows 10は未だにWindows 98の遠い親戚に見えます。