ホーム > 

ブログ

2016 - 05 05

iPhoneユーザーは一日80回もロック解除?

iTunes iPhoneユーザー Appleinsider

 

海外メディア「Appleinsider」の記事によると、iPhoneユーザーは平均的に一日80回ロック解除するようです。

 

Touch IDまたはパスコードでデバイスをロックしているiPhoneユーザーは約89%です。

 

2013年にも調査がありましたが、一日携帯の画面をチェックする回数は約130回から150回のようです。ですが、メールや時間を確認するには、アンロックする必要がありませんので、毎日80回のアンロック回数は合理的なようです。

 

Touch IDが導入される前に、パスコードを8桁に変更するようAppleに要求する企業や組織もあるようです。ユーザーエクスペリエンスを考えたのか、Appleは2015年リリースされたiOS 9までずっと4桁のパスコードを採用しました。iOS 9もデフォルト設定を4桁から6桁に変更しただけです。

 

ロック 設定 Touch ID

 

パスコードで毎日80回もアンロックするのは、やはり大変なことです。ですから、ロックしないユーザーやパスコードを簡単な数字に設定してしまうユーザーも出るでしょう。せっかくのセキュルティ設定が台無しです。

 

けれどiPhone5sから、Touch IDという機能が導入されたから、こんな状況が大幅に改善されました。ホームボタンを触るだけで、指紋で携帯のロックを解除できるので、利便性とセキュルティは両立になります。

 

今、89%のユーザーはiPhoneをロック設定しているのも、この機能のおかげです。実際、数年前まではiPhoneのロックを設定していないユーザーの数は多いです。

 

ユーザー自身でなければ、FBIでさえも簡単にロックを解除できない、このこともiPhoneのセキュルティを証明しています。前に話題になったテロリストのiPhone5cがアンロックされましたが、iPhone5s以降のA7プロセッサは暗号化を強化しましたので、アンロックすることができないと、FBIも認めています。

 

iPhone6s/6s Plusで導入された第二世代のTouch IDは解除時間を短縮しましたので、アンロック操作もさらに迅速で、快適になります。

 

また、このアンロック回数はロック設定を採用しているユーザーだけを統計したことだと、Appleが明かしました。