ホーム > 

ブログ

2016 - 05 11

iPhone 7 がSmart Connectorを搭載しないか

ニュースサイトMacお宝鑑定団Blogの報道によると、Apple社の次期iPhoneは伝言と違って、「Smart Connector」を搭載しない可能性が大きいです。

 

「Smart Connector」とは、iPad Proシリーズに採用されている新型のコネクターです。この技術は専用のコネクターであり、iPad Proと周辺機器の間で電力やデータの両方をやり取りします。この技術を応用したSmart KeyboardはiPad Proだけで使えます。キーボードケースとして、「Smart Connector」でiPad Proと接続し、Bluetoothが必要なく、バッテリーや充電も必要ありません。

 

iPhone 7 Smart Connector 搭載しない

 

ちなみに、ロジテック社に出品されたiPad Pro向けのキーボードケースや充電スタンドも「Smart Connector」をサポートしています。

 

今年春頃の情報写真では、伝言の「iPhone 7 Pro」の背面には「Smart Connector」の模様がありますが、この技術は今までiPhoneに使われていないので、その情報写真も疑われました。

 

最新の情報が本当だとすれば、やはり最新のiPhone 7は「Smart Connector」を搭載しないようです。その原因は、「Smart Connector」の機能はLightningコネクターとの機能がかぶっているそうです。そして、関連のモジュールも余分なスペースを取り上げます。
とはいえ、次期iPhoneの情報はまだ少ないゆえ、今結論つけるのは早いでしょう。情報写真は試作モデルの1つしかないという可能性もあります。

 

なお、2017年にリリース予定の次々世代iPhoneは大いに変革されて、「iPhone 7s」ではなく「iPhone 8」として登場される噂もあります。Smart Connectorはその時の改革の1つとして導入されるかもしてません。

 

現時点では噂にすぎないが、iPhone 7の情報も少なくありません。例えば、背面のデザインがもっとシンプルになり、少なくとも1つのモデルでデュアルカメラが搭載され、ヘッドフォンジャックが廃止されるなど。