ホーム > 

ブログ

2016 - 07 12

ネクサスの次に、Google新ブランド登場?

「優雅なるデザイン、ピュアなAndroid 」

 

これは、Googleが自社の最新世代主力スマートフォン、ネクサス6Pのために作った広告語です。ですが、ネクサスは想像通りみたいに優秀ではないかもしれません。おそらくGoogleも、自社のスマートフォンのハードウェア市場での影響力を向上させるために、より良いエントリポイントを探しています。

 

海外メディアTelegraphの消息筋によると、Googleは携帯電話事業者と交渉しています。その目的は携帯電話のハードウェア分野での事業を拡大するためみたいです。交渉しているひとつのやることは、ネクサス以外、さらに新しいブランドを創立し、Googleのハードウェア開発への影響力を拡大するそうです。

 

Android アップグレード Google 新ブランド

 

今年末で、Googleが新ブランド初のスマートフォンを発表するそうです。

 

ネクサスは、最も純粋で、滑らかなAndroid体験で、多くの好意を引き寄せました。ですが、最新Androidシステムへのアップグレードやスムーズな体験を持つネクサスシリーズは、優れた市場パフォーマンスを意味しません。理由の一つは、ネクサスブランドの協力モードです。

 

前から、Googleがネクサスシリーズの生産をほかスマートフォンメーカーに頼んできました。いま、Googleと協力したことがあるメーカーはHTC、サムスン、LG、モトローラ、Huaweiなどです。これらのブランドには、性能がより強いスマートフォンを自社ブランドでもリーリスしているので、ブランド的には、ネクサスのハードウェアがいまいちです。消費者目線から見ると、ネクサスがこれらのブランド下の一商品しかありません。

 

しかし、新しいブランドでスマートフォン市場から金を儲かるのは、Googleの目的ではないかもしれません。本当の目的は、Androidのハードウェア環境における、Googleのベンチマークの役割を強化するかもしれないです。

 

Android サポート Google 新ブランド プロジェクト

 

2014年4月、Android Centralのニュースによると、GoogleがAndroid Silverというプロジェクトを準備していました。いくつかのハイエンドAndroidスマートフォンでネクサスブランドを置き換え、Androidハイエンド市場へのコントロールを強化し、AppleのiPhoneと競争するプロジェクトだそうです。しかし数ヵ月後の情報は、メーカーのサポートが足りないので、Android Silverプロジェクトが棚上げされているそうです。

 

当時のニュースを参照すれば、今度Telegraphに報道された新ブランドの目的がAndroid Silverプロジェクトの目的と同じことが明らかです。

 

もちろん、Android Silverプロジェクトの噂がGoogleに確認されたことがないので、今度の新ブランド噂もただの噂にすぎないかもしれません。