ホーム > 

ブログ

2016 - 11 10

iPhone 7のホームボタンが効かない問題を解決する方法

iPhone 7/7 Plusのホームボタンのデザインが変更され、従来のiPhoneと違うようになりました。この世代では、ホームボタンには「タップティックエンジン(Taptic Engine)」技術が採用され、押しこむボタンから感圧式のセンサーになりました。

 

実は、タップティックエンジンという技術はiPhone 6s/6s Plusから採用されたディスプレイのタッチ圧力を検知できる「3D Touch」機能にも応用されました。ちなみに、この技術はApple WatchやMacBookのトラックパッドにも採用されています。

 

iPhone7 ホームボタン 構造 仕組み Apple

 

この技術により、iPhone 7/7 PlusのホームボタンはiPhoneの本体と一体化され、動かなくなります。もちろん、従来のiPhoneで起こる、ホームボタンが使い込むすぎるなどで起きる機械的な故障もなくなります。これで、故障率も大分減るでしょう。

 

iPhone7 ボタン 問題 解決

 

しかし、こんなiPhone 7にも、たまにはホームボタンが効かない問題が起こってしまいます。こんな問題が起こった時、どうやって解決すればいいですか?

 

まずは、ユーザーの報告によると、iPhone 7のホームボタンが効かない時、操作しないで、何分間待っていれば、ホームボタンが元通り操作可能になります。

 

何分間待っていても元に戻らない場合、iPhoneを再起動してみます。
従来のiPhoneなら、ホームボタンと電源ボタンを長押しでiPhoneを強制再起動できますが、iPhone 7のホームボタンがソフトウェア制御になったので、この方法も変更されました。
iPhone 7/7 Plusでは、強制再起動の方法は「音量を下げるボタン」「電源ボタン」を同時に長押しすることです。もしエラーでiPhoneがフリーズしたり、ホームボタンが動作しない場合、この方法でiPhoneを再起動しましょう。

 

iPhone7 電源ボタン 音量を下げるボタン

 

もしこの方法でも解決できない場合、iPhoneのホームボタンが故障してしまったかもしれません。
iPhone 7/7 Plusのホームボタンが故障した場合、iPhoneがホームボタンの故障を提示します。

 

iPhone7 ホームボタン 効かない 修復 サービス

 

この場合、ホームボタンを復元するには、修理サービスを申し込むしかありません。しかし、修理サービスに行く前に、このiPhoneが使えなくなりますか?そうでもありません。
ホームボタンが故障してしまった場合、iPhoneの画面中で、「AssistiveTouch」機能のショートカットが自動的に現れます。修理に行く前に、臨時的な措置として、「AssistiveTouch」機能の仮想ホームボタンを使えることができます。

 

以上はiPhone 7のホームボタンが効かない場合の解決方法です。もし何があったら使ってみましょう。