ホーム > 

ブログ

2017 - 08 03

どうしてEvernoteで集めたデータは役に立たない

コメント投稿者は次のような問題を聞きました:「Evernoteの使用問題について聞きたいですが、私はいつも良いWebページを見つけたら保存していましたが(美食ブログで紹介したレストラン、本のおすすめ、映画のおすすめ)、毎回食事時レストランを探しようとして、Evernoteのノートを繰り返してチャックして考えても、結局はGoogle Mapsで近くの評価が高いレストランにしました。ちょっと自分の集めていた情報に迷いました。私は習慣には問題があるか、或いはどんなやり方を組み合わせてより効果的な知識システムが建てられます?このような意見いただきたいと思います。」

 

このような問題がEvernoteで出ただけでなく、私たちはたくさんの本を買ったが、多くは読んだことがありません。Pocketで多くの後で文章を読もうとする文章を収録したが、Feedlyで多くのサイを入れたが文章が多くて読む時間がありません。

 

あるいは、リクエストリストにしたいことがたくさんありますが、今までリストのリクエストを完成したことがありません。今頃になったらどうしますか?

 

Evernote 分類 活用

 

私の方法としては、自分のために多く集めたことにより焦りや挫折を感じないほうがいいです。集めるという行為自身が間違っていません。私は1篇の素敵な食事感想を読んで食べに行こうと考え、私は1件のやりたいことを思い、1つのとても勉強したい新しい技を見て、自分がある本を読むのに期待し、このような「考え」があるから、それを集めて、忘れないように、そして自分が今後やりたいと期待するのが間違いが無いでしょう。

 

そしてこのような集める行為も「多くの問題がない」、多いことに容易に興味を持って、好奇の人でいて、更に可能な収集ができます!

 

一、大量収集その自体が間違ってないと:
この時、私に必要なのは自分の収集欲望を抑えるではなく、必要なのはただのいくつかの考えの変換:
1.願望は自分の時間より多く、願望を全て達成することはできません。
2.できるだけ集めるのは、貴重な心の「期待」からです。
3.「期待」を集めることで、自分の欲求と責任を全面的にわかることができます。
4.私が唯一に必要なのは、「早めに」集めたものを「比較」した後、自分の期待により、整理時に一つの「行動決定」に「承諾」することです。

 

事実上、大量に自分の興味あるレストランを集め、自分がどのレストランがよいかをもっとわかるようになるが、時間と金銭上で、我々はすべてのレストランを食べに行くはずがありませんので、これらの収集のレストランの中に、どの1つがあなたにとって「行きたいレストラン」ですか?

 

大量の事項を収録し、全部完成できないと思われるかもしれませんが、「今どれらのことをすべきか?どんなことはする必要があるか?」。その中から「本当に大切なことを判断する」ことができます。

 

事前に大量の収集がなければ、本当に大切なことが失われてしまう可能性があります。

 

二、収集した後、行動主導で整理する必要がある:
しかし、もし収集後、私たちは貯蔵庫みたいに集めた物を収納し、私達はもの自身だけに分類し、あるいは揃えて分類すれば、集めたものは溜まってしまい、当初収集したあの「考え」が消えたり、忘れたりし、そこで私は当初、収集の背後にある「行動目的」は、そうすると、これらのものは本当にに贮蔵库におくものしかなりません。

 

では、貯蔵庫のものを利用するためにはどうすべきですか?分類整理のコツといえば、物事自分の属性で分類するのではなく、分類整理の考え方が「行動、価値」からとも言えます。

 

Evernoteでたくさんいいレストラン情報を集めたことを例として、私が大量に収集した後:
私に必要な分類方式は、レストランのタイプで分類ではなく、「今後はどうやってこれらのレストランに行くかということを自分に約束」という行動分類です。

 

私を例として、私のEvernoteの分類の中に「big day」(重要な日)というラベルがあり、このラベルはどこで使われるのか?私は自分で集めた大量のレストラン、旅行、観光スポットのノートに、いくつかの非常に特別でとても高価で意義があるものがあり、当初収録した時に自分が大事な日(例えば妻との結婚記念日)に「この行動を完成させる」、私はこれらのノートに「big day」に加えます。

 

このような分類は、「行動」を導きとする分類で、背後には当初は私が収集し、判断して、約束した「承諾」です。

 

「重要な日」の場合には、事前に分類した「big day」ラベルを開き、その中から一つの美食旅行計画があるので、私が一つを選び、完成します。それは困難な選択を解消できるだけではなく、計画の達成感もアップできます。

 

三、どうして困難な選択があるのか?当初集めた感動を忘れたからだ:
収集で、私たちが忘れる可能がある人と事物を覚えられるが、物事自身を集めることだけではありません:

 

もっと収集すべきのは「自分は当時なぜ収集したかという心の感動」で、通常これらの感動は私が自分の行動を期待することを象徴します。

 

例えば、家族を連れて高級レストランを食べにいきたかった時に、収録した重点がこのレストランだけではなく、「私は家族を連れていきたい」という感動と行動を収集することです。

 

そうでなければ、その後に私がこの感動を忘れるかもしれない、まるで私がある本を買いて、待办リストに書き留め、収集した現在の情熱は無限で、あまりに長くならなくて、すぐ私が最初の刺激を忘れて、これらの収録したものが冷ややかな死になるものになりました。

 

これは私たちが集めた物のが多すぎるのではなく、私たちが集めた物がまだ足りません!本当な重要なものの収録を忘れたからだ、つまり「私はその時の行動の決定」です。

 

四、整理は一種類の承諾だ
整理は一つの行動と価値の分類だけではなく、更には一種の主動のコミットメントで、自分がこれからこのものをどう使うかを約束するのです:

 

私がこのように分類するのは、私がこれからこのように行動するのを代表したからだ、上記の気持ちで再びあなたの収集を分類してください。

 

私は常に多くの「買いたいもの」を集め、例えば友達がコミュニティーで推薦した最新のノートパソコンや、ある料理サイトで勧められた鍋をみて、私は集めた後に「欲望」を利用し行動整理しましょう。

 

私がすべての買いたいものを考えている「欲しい」、すでに購入する価値のあるのを確認した「必要」、そして最後に手に入れた「満足」、最後にショッピング心魔を克服し買わなかった「昇華」に分けました。私はこのような方式ですべての私が買いたい物を分類し、すると私の収集が最初から一種の「行動の流れ」となり、選ばれたものが欲しいものから必要なものになり、需要から満足になり、段階ごとに私が違う約束し、これらの収録に本当に効果を発揮させます。

 

これが一種の有効的な整理術で、物が見た目で整然とするように整理するではなく、もの自身で収録でもなく、物で行動を導くために整理し、私は自分にたいする期待を覚えるために集めたら、それでは私達の整理が効果的に整理できるようになります。