ホーム > 

ブログ

2016 - 09 20

Apple Payサービスが日本で正式開始

最近の伝言によると、Appleが日本市場を拡大するために、2017年でソニーの子会社「FeliCa Networks」と共同で日本での「Apple Pay」サービスを正式で開始します。しかし、今の情報では、2017年まで待つ必要はないらしいAppleの上級副社長、ワールドワイドマーケティングを担当しているフィリップ・シラーによると、日本モデルのiPhone 7/iPhone 7 Plusと第二世代のApple Watchは、ハードウェア上で日本のFeliCa Type F NFC規格をサポートしているそうです。

 

Apple Pay iPhone サービス 正式開始

 

FeliCaは非接触ICチップ通信技術を採用しています。FeliCaチップはソニーとNTTドコモの合弁会社、「FeliCa Networks」により開発されました。この技術は、日本で一番人気のモバイル決済です。統計によると、2015年、日本でのFeliCa決済取引総額は4.6万億円に達しました。

 

Apple Pay Suica iPhone 7 Apple Watch

 

今、Apple PayでSuicaを使用することはもう可能です。SuicaカードやSuica定期券の上にiPhone 7を置き、Suicaの残高などの情報がiPhoneに転送されます。Suicaカードを持っていない場合、JR東日本にリリースされたSuicaアプリで、Suicaアカウントを作り、Apple Payで使用可能です。Apple Payにクレジットカードを登録すれば、iPhoneからSuicaに金額を簡単で追加し、定期券を更新するなどのことが可能です。

 

交通機関で登録したSuicaをApple Payに登録すれば、iPhoneやApple Watchで改札機を通ることも可能です。

 

Apple Pay iPhone  Suica カード

 

Suicaだけでなく、クレジットカードやプリペイドカードもApple Payに追加することが可能です。今対応しているクレジットカードブランドは以下のようになります。Visaなどは、これからも追加される模様です。

 

Apple Pay Visa クレジットカード

 

店舗で以下のマークが見れば、Apple Payが使用可能です。支払時、iD、QUICPay、Suicaのいずれかで支払うことを選択する必要があります。

 

Apple Pay 支払い ショップ iD QUICPay Suica

 

現在の時点で、実際Apple Payで支払い可能のお店は以下です。つまりiD、QUICPay、Suicaで支払うことが可能な店舗なら、Apple Payで支払うことも可能です。サポートしている店舗は、これからも追加されるでしょう。

 

Apple Pay 支払う サポート 日本 ショップ

 

Apple Payの宣伝CMで、Apple Payの便利さが分かります。

 

日本市場以外、Apple payは年内でニュージーランドやロシアでサービス開始することが可能です。ニュージーランドでサービス開始するのは秋の可能性が高いです。ロシアでのサービス開始時間はまだ不明です。2014年、Apple payがサービス開始以来、9カ国や地域で正式サービス開始しました。すなわち中国、米国、オーストラリア、カナダ、フランス、香港、シンガポール、スイス、イギリスです。これからはもっと多くの国でサビースする予定です。Apple payの推進は、日本でのiPhone 7売上を改善するのに役立つと信じます。